ニアショア開発って?

>

の意味

情報システムやソフトウェアなどの開発業務の一部または全部を、比較的距離の近い遠隔地の事業所に委託すること。業務を海外に委託する「オフショア開発」の類義語で、近くの国や地域に委託することを指す場合と、国内の遠隔地へ委託することを指す場合がある。
※IT用語辞典 e-wordsより抜粋 (http://e-words.jp/)

ニアショアのメット

したプロジェクト遂行力

首都圏のIT企業に比べて、地方のシステム開発会社は派遣型ではなく請負開発を行っている企業の割合が多くなっています。そのため、組織で開発プロジェクトをモニタリングする仕組みを持っており、安定したプロジェクトの遂行が可能となります。

・コスト

首都圏から地方で開発することにより、人件費を含めた大幅なコストを削減することが可能です。また、アウトソーシングのように丸投げするわけではないので、万が一バグが発生した際も早急に改修作業が出来るため、開発コストの削減も見込めます。

・深刻なエンジニア足への対応

エンジニア不足が続いている中、ニアショア開発で地方にプロジェクトを分散することによりエンジニアを集めやすくなります。また、オフショアと違って言語のコミュニケーションリスクや習慣や文化のカントリーリスクがありません。

・リスクの回

自然災害ややむを得ない場合にシステムが止まったとしても、地方の事業所などにシステムの仕様書や一部切り分けをしている場合、完全にプロジェクトが止まってしまうリスクも回避出来ます。また、為替レートによる金額変動のトラブルも回避出来ます。

発現場の確保

IT企業は首都圏に集中しており、狭い土地に密集しております。そのため、ビルやマンションの狭い部屋に開発現場を設けなくてはいけない場合もありますが、ニアショア開発をすることにより、地方の広い土地を開発現場として確保出来ます。